中性脂肪は身体を動かすためのエネルギー源となりますが、摂取の仕方や摂取量に気をつけなければ身体に取って害を与えてしまいます。また運動不足になることによって、中性脂肪がより身体にダメージを与えてしまうと言うこともあります。今一度、中性脂肪がどのような働きを行うのかと言うことや、身体に負担をかけない方法などについてお話をしていきたいと思います。

まず血中には脂質と呼ばれるものが中性脂肪の他に3種類存在し、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸と言うものが挙げられます。その中でも中性脂肪は身体にとって過剰な動きやエネルギーを放出しなければならない際に、大きなエネルギー源として使用されます。

そんな中で運動不足や食事の過剰摂取を行うことによって中性脂肪が蓄えられすぎてしまい、生活習慣病の一部である脂質異常症や動脈硬化などを引き起こしてしまいます。そのような生活習慣病を引き起こさないためにも、適度な運動を行うように心がけ、糖分や塩分の値が高いようなカロリーが高い食事は極力控えるようにしておきましょう。

小さな積み重ねではありますが、そのような積み重ねを行うことによって習性脂肪の値は減らすことができるのです。もし少しでも中性脂肪を減らしたいと言う方は、まずは自分の食生活や運動習慣から見直してみてはいかがでしょうか?

毎年悩みの種の中性脂肪

40代に入り健康が気になって毎年の健康診断・血液検査を欠かしていません。
そこで毎回お医者様に注意されるのは「中性脂肪の値が高い」という事です。

中性脂肪の値が高いと動脈硬化を引き起こし心臓疾患や脳の疾患など恐ろしい病気の元になるそうですね。
血中の中性脂肪が多いのは肝臓に脂肪がたまっている証拠だそうで散々栄養士さんから食事の方法等の栄養指導をされました。

食事に気を使い適度な運動等様々な健康に良い事を決行し随分ダイエットして約10年かけ20㎏程体重を減らしました。
しかし一向に中性脂肪の値が下がらないんですよ。私の血がどれだけ油まみれなのかが良く分かります。

最近知ったのは大豆を食べると脂肪肝が改善できるという事なので
中性脂肪値を下げる為に毎日せっせと大豆の水煮や豆腐を食べています。
それに合わせて血をサラサラにするレシチンやオメガ3のサプリメントを飲み始めました。

真面目に取り組んでいるので大豆やサプリメントの効果が現れてくれると嬉しいのですがどうなんでしょうか。
来年の血液検査が楽しみな様な怖いような複雑な気持ちです。
あと私に足らないのは運動量だなと感じていて来年こそ無理せずに出来る範囲で運動しようと思います。