睡眠というのは、体の状態を良くするためにはとても大切な事ですね。そのことがわかっているものの、やっぱり仕事が忙しくなると夜に寝ることができないことも。体は疲れているのですが、頭が冴えているので寝る事ができませんでした。すると翌朝に、ちょっと頭痛が起きることがありました。頭痛が起きるのは、要注意なんですね。

それは、なんといっても血圧が高くなっているからです。すぐに内服薬を飲んで、頭痛を改善させることにしていますがそれよりも、睡眠をきちんと取ることが大切と思っていました。

そこで考えたのは、夜にぐっすり寝ることができるようにアロマの香りを活かすことにしました.アロマというのは、精神を安定させることができものも有り、その香りを部屋におくことにしたのです。

そしてもうひとつ、夕食後にコーヒーを飲むことをやめています。それは、自律神経を興奮状態にしてしまうことになるからです。その二つのことを実施した結果、少し寝むることができるようになりました。その後は、頭痛が起きる事も少なくなっているので、そのことからもよく眠ることの大切さを改めて思っています。
よく寝て、気持ちよく起きるのは血圧のためにはとても良い事ですね。

高血圧というのは当たり前ではあるのですが

高血圧というのは、当たり前ではあるのですが血圧が高いという病態になります。これは一時的なものではなく、恒久的に高いということになります。どのくらいであるのか、最高血圧が140mmHg以上、あるいは、最低血圧が90mmHg以上ということになりますとこれは高血圧になる、ということになります。

さて、どうしてこんな状態になるのか、ということなのですが人によって違うことになります。具体的には塩分を多く摂り過ぎてしまったということがあるわけですが、でんぷんというのは当然体に必要なものということになりますので必ずしも全くとらないというわけにはいかないということになります。

だからこそ、基本的にはまずは適度な食事制限というのをやるべきであると言えるのでそこから考えるようにするとよいでしょう。それだけでも基本的には少しは改善することができるようになりのます。高血圧は血管を傷つけてしまっている状態とも言えるわけですからそこから様々な病気が生み出されてしまうということがありますのでそれを避けるためにも通常の血圧を維持することができるように頑張りましょう。焦ることはないこともありますが、既に高血圧であれば改善を目指しましょう。